コラム

第5回●2周年を迎えて思うこと●

2014年6月7日に、

札幌メイドカフェ「アンククレスト」は2周年を迎えることが出来ました。

・・・きっと私が一番驚いています!(笑)

「自分でお店を作りたい」と思い立ち、なんとかオープンまでこぎつけた2年前は、
目の前の一日一日に精一杯で、2年後のことなんて全く想像できていませんでした。

でも現在、札幌メイドカフェ「アンククレスト」は確かに2周年を迎えました。
それは紛れも無く、たくさんのご主人様、お嬢様、

そして一緒に働いてくれるメイドに支えられえいるからです。

みゆうの人生、Ank Crestをはじめてからの時間は一瞬で、本当にあっという間の2年間でした。
楽しい時間、幸せな時ってどうしてこんなに時間が早く過ぎてしまうのでしょうか。
2年間を振り返りつつ、今回は、ちょっぴり個人的なお話をさせてください。

アンクをオープンさせる前、事前にメイド達を呼んで数日間の研修を行ったのですが、
気合いが入りすぎたのか、Ank Crestオープンの3日後から声に違和感が!
お酒のせいかな~なんて、あまり気にせず2週間ほど過ごしていたのですが、
なんだか少し不安になって病院に行ったところ、「声帯結節」と診断されました。

おとなしく筆談していればよかったものの、

オープン直後で皆様とお話したい一心で喋り続けました。

そのせいか、のちに手術が決まり、

長期休暇を取らなければならなくなった時は反省しました(笑)
1ヶ月ものお休みを取ったことが無かったので何もかも不安でした。

入院している間も、頭の中はアンクのことばかりで。

でも、1ヶ月経過してアンクに復帰したとき、メイドたちが驚くほどたくましく成長していたのです!
これには、本当にビックリしました。

「これ、やってもらえる?」と言うと
「はい、さっき片付けておきました!^^」とお返事が来たのです、とあるメイドから。
今までは基本的に私が指示を出していましたが、
指示がなくても自ら「ご主人様お嬢様に喜んでもらうために何をしたらいいか」と考えて行動できるメイドが増えていました。

あの時はね、嬉しい気持ちが90%、
ひな鳥が巣立ってしまったようなちょっぴり切ない気持ちが10%でした(笑)

でも、これはメイド喫茶に関わらず、お店としてとても大事なことだと思うのです。

入院という、自分の中ではマイナスな出来事のはずだったのに、
それがプラスに働いたのはとても驚きでした。

アンククレストで働くメイドが、日に日に成長していく姿を見れるのが、私
の今一番の幸せであり、楽しみになっています。

アンクでのお仕事は、もしかしたら他のお店よりも多少細かいかもしれません。
でも、私はそこを妥協したくありません。

今まで私が出会ってきたご主人様お嬢様は、今の私になるために必要不可欠な存在です。
そして、アンクに足を運んでくださっている方、これから遊びに来ようと思ってくれている方は全員、
アンクメイドにとってこの先、きっと大切な方々となります。
そのご主人様お嬢様が、少しでも居心地よく、楽しんでもらえるようにしたいのです。
そして、アンクメイドには、その存在がどれほど大切でかけがえないものかをしっかり認識して、
お給仕してほしいのです。

札幌メイドカフェアンククレストは、3年目に突入しましたが、今後も成長を止めないように日々精進していきたいと思っています。

ご主人様お嬢様、ぜひ今後もアンクメイドを見守っていてください。

私にとっては、ご主人様もお嬢様も、アンクメイドも皆。
かけがえないので、ずっとずっと家族のように大切にしていきたいです★

第4回●メイド喫茶って何をするところ?●

よく、初めてご帰宅された方に受ける質問なんです。
きっと、まだメイドカフェに行ったことのない方はもちろん、

何度か来たことのあるご主人様お嬢様でも戸惑う方もいらっしゃると思います。
そもそも、メイドカフェってどうして出来たんだろう・・・
私なりに、よくそんなことを考えたりします。

メイド喫茶は、おおきーく分けると
「(よく正統派と呼ばれる)クラシカルメイドカフェ」と
「コミュニケーション型メイドカフェ」があると思っています。

細かく分けていくと、いろんなジャンルがあって奥は深いのですが★(≧▽≦)
札幌にも、以前は正統派と呼ばれるメイドカフェがありましたが、

最近ではほとんどコミュニケーション型のようです。
私個人的な意見としては、正統派はすごく好きです。
メイドさんとお話をするお店ではありませんが、

かわいいのに派手すぎないデザインのメイド服をまとったメイドさんが、
すごく丁寧に紅茶をいれてくれて、クラシックなどの心落ち着く音楽がゆったり流れていて。
働いてるメイドさんの姿をちらっと見ながら、本を読んだり景色を眺めたりするのが私のお気に入りスタイルです。
でも!コミュニケーション型も大好きです。
元気いっぱいのメイドさんと他愛のないお話をしたりアニメやアイドルの映像を見て趣味にとことん浸ったり、

オムライスにお絵かきしてもらったり、
萌え萌えなおまじないをかけてもらったりと、

きっと皆さんがテレビなどでよく目にするメイドカフェのスタイルに近いと思います。

 

どちらも、それぞれかけがえのない良さがあって、私はどれも選べないくらい大好き!(笑)
要するに、「メイドのいる空間」が大好きなんですね★
(改めて宣言するとちょっと照れくさいけど、この気持ちがなきゃやっていられませんっ!)

 
メイドさんは普通の女の子ではありません。

メイド服を脱げば普通の女の子かもしれない。

でも、メイド服を着ると、気持ちがうきうきワクワクして、

人見知りのはずなのに笑顔でたくさんお話が出来るようになる.
普段の生活では、なかなか自分を表現することってできないかもしれないけど、

メイドとして立つお店はステージのよう★
私はメイドになってから、代わり映えのない毎日が一気にキラキラしたことを今でも強く覚えています。
そんなうきうきのメイドカフェです。どんどん見てください、メイドを(笑)

そして、おうちのようにくつろいでください。
もちろん、ほっと一息休憩するのもアリです。読書だってアリです。
ご主人様の、落ち着ける場所としてお使いください。

 

そして、メイドに相談や愚痴を吐くのだってアリです。

(メイドさんを傷つけるような発言は悲しいのでやめてネ!☆)
他愛のない話だってアリなのです。
だって、あなたの第二のおうちになるのですから。
一人でご飯を食べたくない日もあると思います。
お仕事帰りにまっすぐおうちに帰りたくない日だってあると思います。
そんなときは、ぜひ気軽に立ち寄ってください。

札幌メイドカフェAnk Crestは、いつでもここ狸小路1丁目でお待ちしています。
少しでも、ご主人様お嬢様の居場所になりたい。

なんでもない日でも、嬉しいことがあった日でも、はたまた悲しいことがあった日でも、
アンクを思い出して、ふらっと寄ってみてください。
嬉しいことなら2倍!!悲しいことなら半分こ!!に、できるくらいの気持ちで待ってます。

そんなふうに、皆様の生活にいつか自然に入り込めたらいいなあと思っています。

あっ!旅行で遠方からわざわざ足を運んでくれることだって、

メイドにとってすごく活力になるし嬉しいことです。
遠くにいても、

「札幌メイドカフェ アンククレスト」を覚えていてくれるなんて幸せです。
なのでぜひ、まだメイドカフェに行くことに緊張したり戸惑っている方は、気軽に一歩踏み出してみてください★
アンクは気さくでちょっぴりおバカ(笑)なかわいいメイドがたくさんいますよ★

第三回●Ank ♀Crestという名前の理由●

あけましておめでとうございます。

昨年も、皆様には大変お世話になりました!

 

クリスマスや年末には、ケーキを皆で食べたり、ビンゴ大会を開催してパイ投げをしたり!

本当に楽しくてあっという間の素敵な時間でした。ありがとうございます。

 

2014年も、札幌メイドカフェアンククレストは成長を止めずに、少しでも多くの方の居心地良いメイドカフェとなれるように努めていきますので、今後もどうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、オープン当初よく聞かれていたこと、「店名の由来」について今日はお話したいと思います★

 

お店の名前ってとっても重要だと私は思うのです。

お店がある限り、ずーっと背負っていくものですし、とにかく顔になるものですからね!

続きを読む

第2回●メイドカフェで働くことになったきっかけ●

第一回から1ヶ月以上空いてしまいました!!

メイドカフェ開業のコラムが予想以上に反響が大きくビビッてしまったのが本音です。(笑)

言葉って難しいもので、誤解を招いてしまわないように、 と考えているとなかなかまとまりませんでした。

 

第二回目は、 「みゆうがメイドになったきっかけ」についてお話したいと思います。

 

私がまだ高校生だった頃、世間ではメイド喫茶ブームが起こり始めました。

テレビにはよくメイドさんが映っていて、秋葉原ロケなどもよくやっていました。

 

正直、テレビで初めてメイドさんを見た時の感想は 「恥ずかしくないのかな?」となかなか冷たい感覚でした。(笑)

 

ですが、惹かれるものがあったのも事実。 続きを読む

トップへ戻る