コラム

●第10回●メイドを選ぶ理由

毎年「2月17日」は、みゆうにとって記念日のひとつです。

2008年2月17日。
初めてメイドとしてお給仕をしました。
緊張しすぎて微熱を出しながらのお給仕(笑)
懐かしいですねぇ。

気付けばその日から8年が経っていて、もう9年目に突入しました。

こんなにメイドを続けるなんてあの時は夢にも思わなかったけど、
居心地の良さとメイドに対する「愛」は、今も変わらないものです。

私はね、このお仕事が大好きで。とにかく何をするよりも大好きで。
お仕事というより、趣味のような感覚で最初は働いていましたね(笑)

メイドさん見てるのも好きだし、メイド服を着て働けるのも夢みたいだし、
全部が最高に楽しすぎて毎日お店に顔出してましたね。

でも、別にね、そんなにメイド喫茶を好きにならなきゃ働けないわけじゃないし、
実際、働けるよ!(笑)

現在「メイド」というお仕事をしている女の子たちはどんな気持ちでこのお仕事を選んで働いてるのかな。

「楽しそう!」とか「アイドルになりたい!」とか
「社会勉強」 「なんとなく・・・メイド服が着たかった」
「りんご(お給料)がほしい」 etc・・・

正直ね、どんな理由でもいいんです。
どんだけ軽いノリでもいいんです。

大事なのは、
居酒屋店員もコンビニ店員もメイドも全部 「お仕事」 ってこと。

飲食店はお客様(こっちではご主人様お嬢様ですね。)がいて成り立ちます。
足を運んでくれる方々にお食事だけじゃなく 空間、サービスを提供するのが飲食店のお仕事。

例えば、居酒屋で働いていて、
誉められたり自分のやった思いやりの行動に「ありがとう」って言われたら当然嬉しいでしょう。

メイド喫茶も一緒です。何も変わりません。
ご帰宅してくださる方に喜んでもらうために、考え、行動することがお仕事なんです。

だから、別に「メイド」を無理に好きになろうなんて思わなくてもいいのです。
どんな理由であれ、ちょっとでも興味を持ってくれたらそれだけで私は嬉しいと思うようになりました。

きっと、最初はそんなに愛が無かったとしても働いていたら何か見つかると思う。

アンククレストで働いてくれてるメイドたちの表情を見てほしい。

きっと何か、伝わると思っています。

そして、その中に入ることは、
決して難しいことではないのです☆

LINEで送る

●第9回●アンククレストオリジナル制服

・・・あらー、お久しぶりです。
何の言い訳も出来ないほど、コラム更新が遅れてしまったこと、お詫びします。
本当にすみません。

でも、
ずーっと「皆様に伝えたいこと」は、頭の中にぐるぐるとまわっていて。
ただね・・・本当に文才が無くて。

この歳になってようやく、本を読むことの大切さを痛感しております。(笑)

今年、2016年の6月7日で、

札幌メイドカフェAnk Crestは4周年を迎えます。
あっという間の4年間ともいえますが、
振り返ると本当にたくさんの人の顔が浮かんできて、
けっして「あっという間」という言葉で片付けられないな、と感じております。

今回は、アンククレストのオリジナル制服について、ちょっぴり熱く語らせていただきますね☆(笑)

 

私がメイド喫茶を経営しようと思ったとき、1番最初に思い浮かんだのが「どんな制服にしよう!」でした。

メイド喫茶は業種でわけるなら飲食業。そしてメイドさんはウエイトレス。

ですが、私にはそんな言葉ではまとめられない、
すごく珍しく貴重な経験を重ねられるエンターテイメント性の強いお仕事と思っています。
アイドルではない。でも、ただのレストラン店員でもない。

すごく狭い世界のように見えるけど、
この世界で輝く子は、とても大きな羽を広げて自分を表現できる。

そんなふうに思います。

実際、私がそうでした。
(大きな羽は持ち合わせてなかったからバタバタとがむしゃらでしたけどね!笑)

そんな思いを抱いてアンクメイドという道を選んでくれた子を、出来る限り輝かせたい。
その思いが、オリジナル制服を作るきっかけでした。

世の中にはとってもかわいいメイド服があふれていて、
きっと私の考えたデザインはまだまだな点も多々あると思います。

ですが、やっぱり自分の中で生まれたデザインの制服で働くというのは強い憧れでした。

そして、
メイドの表情を消さないように・・・
制服でみんなの個性が消えてしまわないように・・・
女の子のかわいさを最大限にアピールできないか。

と、毎晩のように考えた制服が、アンククレストの歴代制服たちなのです。

アンククレストでは、毎年6月の周年イベントで制服のデザインを新しくしています。
毎回、自分の中でイメージするものやコンセプトを決めて、
女の子たちがその制服を着て働くところを想像しながら細かいところなどを作っていきます。

初代制服には、特に、格別な思い入れがあります。

あの制服を作ってくださった方が、今はもういない、というのもあります。
その方は、「自分でメイド喫茶を出します!」と言ったときに
「応援する!一緒にいいものを作ろう!」と言ってくださった方でした。

当時まだ22歳だった私は
周りから「お前に出来るわけがない」と言われることの方が多かった。

経営に関して否定的な意見がほとんどでした。

今思えば、当然のことですね。

 

でも、その衣装さんはとても前向きな言葉をかけてくださって、
出来上がった制服も本当にかわいい!と思えるものでした。

今でもその方には、感謝の思いしかありません。

翌年からは、知り合いの紹介で違う衣装屋さんに制服を作っていただきました。
この方には、2回お世話になりましたが、やはり一緒にたくさん案を出してくださって、
私の思い描く生地が見つからなかった時は柄のプリントなどもしてくださいました。

昨年は、また別のつながりがあり新たな衣装屋さんでした。
かわいいものが大好きな方で、
文才のない私は伝えるのがすごく下手でしたが、想像してるものをすぐにわかってくださる方です。

これじゃ、衣装屋さんの紹介文になってますね。(笑)

アンククレストは、
制服ひとつをとってもこんなにたくさんの方のサポートがあって成り立っているのだと改めて感じます。

そして、私は本当に運がいいのです!(笑)

衣装屋さんはもちろんですが、

私の人生で出会ってきた方はみなさん、本当に素敵な方ばかりです。

 

出会う人全員が自分にとって前向きな付き合いができる人といえるわけではありませんが、
それも全て、私にとっては大切な出会いといえます。

2016年6月7日。
アンククレストはまた新たなメイド服でお給仕をします。
今までの制服も、新しい制服も、
私だけではなく、いろんな方の思いがつまっています。

制服を見てくださるご主人さまお嬢さま、
そして何よりその制服と一緒に働いてくれるメイドさんに、
この制服の思いを少しでいいから、

ほんの少しでかまわないから、感じてほしいと思っています。

LINEで送る

●第8回●

私はコンプレックスのかたまりです。
皆さんは、自分にコンプレックスがありますか?

私の学生時代は、お手洗いの鏡を見ることが苦痛なくらい、
自分の容姿が本当に大嫌いで、
内面にも自信がもてなくて、
本当に自分の全てが嫌い!と言ってもいいほどにコンプレックスだらけでした。

今でも、
きっと、周囲からは「気にしすぎ」と言われるかもしれないくらい、
細かい部分にまでコンプレックスがあります。

コンプレックスを持つ部分は、人によってさまざまだと思います。

コンプレックスって、よくマイナスイメージを持たれがちですが、
私はコンプレックスを持ってる子に魅力を感じちゃうタイプなのです!☆

ここからは、得意のみゆう持論を語らせていただきます!(笑) 続きを読む

LINEで送る

●第7回●これから出会う新しいメイドさんに向けて。

今回は、いつかアンクの新しい仲間になってくれるかもしれない、
ここを読んでくれているお嬢様に向けて書きたいと思います。

新年が明けて、今、アンククレストには卒業シーズンが到来しています。

就職活動など卒業の理由は何であれ、
一瞬でもアンククレストを選んでくれたことに、私はすごく感謝しています。
札幌だけでも何件もあるメイド喫茶の中から、このアンククレストを選んでくれたということ。

それがまず、嬉しいのです。

もちろん、私はまだまだ未熟なので メイドたちの思い描いているオーナー像には及ばないと思います。
それでも、一緒にアンクを盛り上げてくれて、支えてくれた事が本当に嬉しい。

続きを読む

LINEで送る

トップへ戻る